駐妻、イギリスの現地校で日本文化を伝える

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

皆さんにとって、人生を大きく変えた出来事って何ですか?

私にとってはイギリスで暮らした数年間が、自分の価値観やその後の人生に大きな影響を与えてくれました。

その中でも「通訳案内士」を目指すきっかけとなった、私にとってスタート地点のような出来事があります。

それは現地のハイスクールで日本文化を紹介したこと。

自分としては全然満足のいくクオリティじゃなかったけど、すごく楽しかったんです!

ずっと良い思い出として心の中で温めてたけど、最近になってあれは人生のターニングポイントだったんだと強く思うようになりました。

というわけで、今回はなぜ駐妻だった私が、イギリスのハイスクールで日本文化を紹介することになったのかについて書いていきます!

夫の勤め先にハイスクールからの依頼

ある日、帰宅した夫から「今度、イギリスの学校に行って日本文化を紹介するんだけど一緒に来ない?」と突然の打診がありました。

彼の勤めている日本企業に、地元のイギリスの学校から依頼があったらしいんです。

その地元の学校(ハイスクール)は日本の高校と連携していて、お互いの学校を行ったり来たりしているとのこと。

その年は、イギリスの学校から希望した生徒が日本に訪れることになっていて、ホームステイや学校訪問をするので日本のことを教えて欲しいという依頼だったんです。

ミント
ミント

ちょっと面白そう!

でも問題は自分の英語力…

当時はイギリスに引越して1年半が経ったころ。

英語の聞き取りには全く自信がなかったけど、そのあたりは同行する夫の同僚がフォローしてくれるとのことだったので頑張ってみる事にしました!

「お箸の使い方」「日本食」を説明する

プレゼン資料の作成と、トーク全般は夫の同僚が担当してくれるので、私たち夫婦はお箸の使い方のデモンストレーションと、日本食の説明を受け持つことになりました。

「お箸と日本食、どっちやりたい?」と私が聞くと、夫は「お箸のデモをやりたい」と即答します。

どうやら普段料理を全くしない夫には、どの料理にどんな食材が使われているかサッパリ分からないので「日本食」はお手上げだと思ったそう。

そんなわけで、夫はお箸のデモンストレーション、私は日本食を説明することで役割分担が決まりました。

そして本番まで2週間を切った頃、夫の同僚からプレゼンの資料が届きます。

ミント
ミント

やっとプレゼンの全体像と自分の役割が見えてきた〜

その資料には、日本の朝・昼・夜ごはんの定番料理の写真がのっており、私はその料理の説明をすればいいんだなと理解しました。

ところが手持ちの本やインターネットで調べても、しっくりくる説明に出会えません。

(海外にいると日本の書籍がすぐに買えないし、ネット上に今ほど情報が溢れていなかった頃でした)

自分でセリフを考えようと思っても、いい表現や英単語が思い浮かばないんです。

何を言えば正解なのか分からない、という感じが近いかも。

台本を書いては消し、書いては消しを繰り返しました。

夫はすでに「お箸の使い方」を英語で説明する準備を終えて余裕しゃくしゃく。

その横で恨み節が止まらない私なのでした。

ミント
ミント

「日本の朝ごはん」って何?

ミント
ミント

うちはパン食だし…

家庭によるよね?

ミント
ミント

ご飯・味噌汁・焼き魚・漬物が日本の朝ごはんの定番という根拠は?

ミント
ミント

私もお箸のデモンストレーションがいいんだけど!

冷や汗の連続、でも楽しかった本番!

悪戦苦闘しながら台本を考え、ついに本番の日を迎えました。

皆で学校に到着すると、まず小部屋に通されて先生方とご挨拶&雑談タイム。

誰かが新聞社にコンタクトを取ったのか「もしかしたら新聞社が取材に来るかも」と言う話が出て、みなさん盛り上がっています。

ミント
ミント

よ、余計なことを・・・

注目度を上げてくれるな〜

つのる後悔の気持ちを抑えつつ、生徒たちが待つ教室に移動します。

ドアを開けておそるおそる教室に入ると…

すごい歓迎モード!!!

ミント
ミント

みんな楽しみにしてくれてたのー?!♡

そこから一気に緊張もふき飛び、その場を楽しもうと気持ちが切り替わりました。

最初に夫の同僚が日本のことをざっくり説明してくれたんですが、

夫の同僚
夫の同僚

「お辞儀の角度には意味があって、挨拶は15度、相手を敬う時は30度、深い謝罪は45度」

というセリフに「今もこの習慣は続いているのか?!」と真顔で質問する生徒。

夫の同僚
夫の同僚

「会議の時に目をつぶっている人がいても、必ずしも寝ているわけじゃなく考えているんだ」

これを聞いて、会議で目をつぶるのは世界のスタンダードではない事に気づきました(笑)

ミント
ミント

気づいてないだけで、他にも日本独特の習慣ってたくさんあるんだろうなー

そうこうしているうちに「日本食」のパートになり、私のたどたどしい説明も終わってホッと一息。

きっと質問なんてないだろうと思っていたら、予想外にいろいろ聞かれました!

(ティーンエイジャーの英語が聞き取れなさすぎて、夫の同僚にヘルプを要請)

意外だったのは「イギリスと日本で似ている食べ物はありますか?」と言う質問でした。

イギリスに来てからというもの、日本との違いにばかり着目してた私。

特に食べ物なんて、かけ離れすぎてて共通点なんてあったっけ??

「分からない」と答えようとした瞬間、あ、あった!と思い出しました。

それはイギリスの「コテージパイ」と日本の「コロッケ」。

材料はほとんど同じで、牛のひき肉、玉ねぎ、人参、ジャガイモ、そこにイギリスのコテージパイにはチーズをオン。

調理法は少し違っており、コテージパイはひき肉とジャガイモとチーズの層を作ってオーブンで焼きますが、コロッケはじゃがいもとひき肉を混ぜて丸めて、パン粉をつけて油で揚げます。

コロッケを食べる時、私はウスターソースやお好み焼きソースをつけるのが好きなんですが、これらのソースに近いものがイギリスにもあるんです。

というか、ウスターソースはイギリス発祥だったりします。

Worcestershire ウスターシャー州で作られたので、地名をとってWorcestershire sauceウスター(シャ)ソース。


それと、少し甘めのHPソースはお好み焼きソースに近い味。


こちらのリンクはイギリス直輸入商品のものですが、ウスターソースは日本のスーパーでもちょいちょい見かけます。

HPソースはまだ日本では流通していない気がするのですが、もし見かけたらぜひ試してみてください。

結論:外国を知ると日本への理解が深まる

私は長年日本に住んでいたので当然日本のことはよく知っている、と思ってました。

例えば、家に入る時に靴を脱ぐのは、家の中を汚したくないから。

この習慣を何の違和感もなく受け止め、その理由なんて深く考えてみたことはありませんでした。

ところが初めて外国人目線という客観的な視点を得ることができ、「異質な日本」を感じることができたんです。

ミント
ミント

ちょっと見飽きていた日本が、なんだか面白い〜♪

私が文化や習慣の違う国々を知る面白さに目覚めたのは、この時からでした。

それまで海外旅行も何度か行っていたけど、ここまでハッとするような経験をしたことはなかったんですよね。

でもこれ以後、私は外国を訪れるとき「この国にしかない特徴って何だろう」「日本と似てること・違うことって何だろう」を徹底的に考えながら旅をするのが前よりずっと楽しみになりました。

日本以外の国を旅することで、日本への理解もより深まるという不思議な感覚を楽しんでいたのです。

そして今は通訳案内士として海外からのゲストに日本を紹介するようになりましたが、彼らにとっても日本での旅が何らかの気づきとなり、帰国した後の日常生活にちょっとした変化を感じてもらえたらいいなと日々願っています。

最後に・・・

「海外で日本を紹介しようと思ったら、案外よく分かってなかった自分に気がついた」

と、言ってみればベタな経験をした私ですが、これがきっかけで私は通訳案内士の資格を取ったので人生ってどう転ぶか分からないものだなとつくづく思います。

当時の私の英語力やプレゼン内容なんて決して誇れる内容ではなかったのですが、ハイスクールの生徒さんたちからは花束をいただき、後日ローカル紙にも写真付きで掲載され、何人かの知り合いから「見たよ〜!」と声をかけられるという、日本でも経験したことのないことが盛りだくさんでした。

ただ、もう一度チャンスをもらえるなら、今の私がベストを尽くしてより良いものにできるはず…(そう思いたい)

何なら、この日だけでなく私がイギリスにいた全期間にうまく英語で説明できなかった日本のあれこれを説明しなおす機会が欲しい。

そのチャンスはいつ来るか分からないけど、来たるべき時のために日々精進していたい。

私が通訳案内士になった理由ってこれに尽きるのかな、と思います。

ミント
ミント

最後までお読み頂きありがとうございました!